英語 English 日本語 Japanese

見積もりを取得

製造単位

SUNFLAG STEELは、(スポンジ鉄+ MBF +プラントリターンスクラップからの熱い金属)を使用しています。 - 電気炉炉棚精錬炉 - 真空脱ガス - 連続鋳造機 - 最新の技術とコンピュータでバックアップされたローリングミルルートプロセス制御。

生産設備には以下が含まれます:

焼結工場 (SINTER):33 M2 北京Sino-Steel Industry&Trade Group Corp.(SSIT)と江蘇省冶金設計院(JSMDI)が設計した焼結工場です。この技術は、経済的で適用可能な安全で操作性の原則に基づいています。 年間生産量は3,64,000トンです。

ミニ高炉 (MBF):作業容積の高炉350 M3 MECON Ltd.が基本グレードのホットメタルの3,00,000 MT /年を製造するように設計されており、正常に取り付けられています。 熱間メタルは主に鉄鋼溶融釜で原料として使用され、余剰熱金は銑鉄鋳造機に注がれる。 ピッグキャスティングマシンは、KBSパラマウントと容量800トン/日(TPD)で設計されています。 高炉ガスは、ストーブ加熱、バーおよびセクションミルの予熱炉の加熱、ボイラーの加熱、焼結プラントに使用されます。 副産物であるスラグは主にセメント工場に販売されています。

直接還元プラント (DRP):KruppのCodirプロセスに基づいています。 DRPsは、鉄鉱石と石炭から年間スポンジ鉄の2,62,000トーンを生成することができます。 さらに、煙道ガスは30 MWの電力を発生させるのに役立つ。

発電所(PP): 30 MWの捕獲発電所には、タービンセットが2つ、ボイラーが2つあります。 1つのボイラーはスポンジ鉄工場(直接還元プラント)からの煙道ガスに作用し、もう1つは流動床プロセスで微粉炭を使用します。

電気炉(EAF): Mannesmann Demagを使って55 Mt. 40 MVA。 超高出力、偏心ボトムタップ、水冷サイド&ルーフ、自動制御、サイドウォールブローなどによる酸素補助溶融
入力 - ミニ高炉からの熱い金属、連続スポンジ鉄の供給、プラントはスクラップを返す。
アウトプット - 二次製鋼用溶融鋼。

ラドル加熱炉(LHF): 炉数 - 02番号
メーカーMannesmann Demag、Doshi Industries。
容量 - 55 MT。
評価 - 9&11 MVA
特徴 - 連続的な合金供給システム、C、S、Alワイヤーを使用して化学反応を制御し、Arガスをパージする。